読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Nanateru Room

ナナテルの情報発信所 〜大体、毎夜に更新します〜

ドキュメントと人間の関係を考える 〜その2〜

ダラダラと ドキュメント管理

どうもナナテルです。
暑くなってきました。
のでかき氷が食べたくなったので、HACHIKUに行ったりしていました。
f:id:nanateru:20160619171506j:plain
甘すぎず、とっても美味しかったです。
食感としては、雪に近い感じでした。
注意点としては、午前中に頑張って整理券をもらいに行くことですかね。

今回も下記の論文を踏まえた内容で書いていきます。
が、さすがに全ては書けないので、3トピックのみ。
Electronic Document Management:Challenges and Opportunities for Information Systems Managers

1. 現在、考えられるドキュメントの姿形の例

姿形というのは文字通り姿形ですね。
マニュアルであったり、契約書であったり、議事録であったり、と様々な形があるわけです。
ただじゃあ具体的に他に何があるのかというのを、
1から考えるのは時間の無駄なので早速論文を読んでみます。

  • Contracts and Agreements
  • Drawings, Blueprints, Photographs
  • Reports
  • Email and Voicemail Messages
  • Manuals and Handbooks
  • Video Clips
  • Business Forms
  • Script and visuals from presentations
  • Correspondence
  • Computer Printouts
  • Memos
  • Transcripts from meetings
  • News Items and Articles

私の解釈した感じだと下記だと思います。
- 契約書
- イラスト、青写真、写真
- レポート
- 電子メール、音声メール
- ビデオクリップ
- 帳票
- プレゼンテーションスライド
- 書状
- コンピューターによる印刷物
- メモ、ノート
- 議事録
- 記事

コンピューターによる印刷物は意味不明かもですが、
ソースコードレビューのために印刷したソースコードとか、
情報共有のため、スクリーンショット撮ったものを印刷したものとか、
そういうのも場合によってはドキュメントになりえるという感じかと。
他にメジャーどころで考えられるのは、
チャットとか、スケジュール表とかがあるような気がしています。

論文自体は1990年代後半あたりに書かれたものですが、
今とそこまで大きく変わっていないよなぁという印象が強めです。

2. ドキュメントを構成する要素の定義

今度は、ドキュメントを構成する要素についてですね。
ドキュメントを、とことん抽象化するとそこにどんな言葉が当てはまるか、ですね。
私的には、上記から考えてみると「テキスト」、「」、「グラフ」、「イラスト、図」、「音声」、「動画」ぐらいかなぁと思うわけですが、論文ではどのように書かれてるでしょう。

  • Text
  • Photo
  • Video Clip
  • Graph
  • Voice Annotation
  • Spread Sheet Table
  • CAD/CAM Object

うん、大体同じでしたね。
ただし、写真は、イラスト、図とは、明確に違うものとして扱われているようですね。
20年ぐらい経ちますが、扱う要素は昔から変わっていない感じだというのも驚きです。

3. ドキュメントに対して行う行動の定義

私的には、「追加」、「変更」、「削除」ぐらいしかないと考えています。
ただもう少し何かあるような気がして、イメージが浮かばないので論文見てみます。

creation, storage, organization, transmission, retrieval, manipulation, update, and eventual disposition of documents to fulfill an organizational purpose.

結構多いですね。
意訳するとこんな感じですかね。

  • 作成
  • 保管
  • 組織化
  • 伝達
  • 検索
  • 操作
  • 更新
  • 組織の目的を達成する

......いやはや、がっつり開発してたころに、
もう少しこういう観点で物事考えていきたかったですね。
結局これは「ドキュメントを扱う機能1つとったときの外観仕様の例」になると私は思います。

今回は、ドキュメントってこんなさという部分だけの3トピックでした。
では、またの機会に。